平凡マン@天津駐在

個人的な日記。2016/1〜中国天津市駐在。

次の1年のVPNを決めた話

はじめに

 今年もこの季節がやってきました。そう、VPN選びです。

これまでの遍歴

 今までは、以下のサービスを使っていました。

  1. セカイVPN
  2. IPVanish

 2016年の6月頃から有料契約をし始めて、それぞれ1年ずつです。そろそろ契約が切れるので、乗り換えるなら今!ということで、今年もVPNを検討してみました。

 結論としては、次の1年はかべねこVPNというサービスを使うことにしました。

かべネコVPN | Cats On The Wall VPN – 安心・安全・高速のネット環境を世界中で。

かべねこVPNに決めた理由

 単純に、安定している、安い、サポートが良いから。要は良いサービスであると感じたということに尽きます。

 まず安定性について、中国当局の規制を受けることのないShadowsocksという通信方式が使えるのが、非常にでかいです。ShadowsocksというのはVPNとは別の通信方法ですが、要するに、ごく普通の通信になりすまして壁越え・暗号化して通信するような方式です。VPNは傍から見て「VPNです」とわかってしまうため、中国当局に気づかれてしまうのですが、Shadowsocksの場合、原理的に普通の通信と見分けがつかないため、気づかれにくいのです*1。細かいことは以下のページが参考になったので、貼っておきます。 bestvpn.jp

 addonecubit.com

  次に価格。年間6000円弱。セカイVPNの約半額ですわ。しかも使わない日があれば繰越可能(最大半年)。

 しかもサポートがよいです。公式サイトから質問等を送信できるのだけど、半日も経たずにメールで返答が来ました。そしてサーバ障害(というより中国当局の規制)に関する情報連絡も早すぎというくらい早いです。

 ちなみに、かべねこVPNを知ったきっかけは、以前のこのブログの記事に寄せて頂いたコメントです。当時から気になっては居たのですが、気づくのが遅すぎて先にIPVanishに決めており、1年越しのトライとなりました。

heybon-man.hatenablog.com

セカイとIPVanishを振り返って

 せっかくなので、セカイVPNとIPVanishについて触れておきます。

 セカイVPNは、基本的に繋がりにくいけど、サーバの数でカバーしている感じ。個人的には不満しかなかったです。ただ、周りの日本人の多くが使っており、彼らからはあまり不満を聞かないので、用途次第で意見が変わるかもしれません。

 次にIPVanish。こちらはセカイVPNより安くてサーバ数も多く、そして安定していました。おそらくスクランブル通信(通信ポートを毎回ランダム設定してくれる)があるのが良かったのだと思います。ただ、1ヶ月くらい前からiPadiPhoneのみ接続ができなくなってしまい、契約期間終了を目前に惜しくもかべねこVPNにバトンタッチすることにしました。

 ちなみにIPVanishの申し込みサイトは少し面白くて、有償契約(確か、支払い手続き?)の画面で操作せずに1〜2分放置すると、突然、謎のディスカウントが始まります。それが面白い&嬉しかったので、なかば衝動的に契約した感はあります(もちろん、かべねこVPNを知らなかった当時は、サービス内容にも満足していました)。

さいごに

 Googleの支配色の強い昨今のインターネット環境においてVPNは必須ですが、今回、現時点では中々のベストアンサーにたどり着いたような気がしています。回し者でもなんでもないですが、オススメですよ。脱線しますが、かべねこVPNのように世の中に価値を提供している方々には本当に頭が下がる思いです。すばらしい。Shadowsocksのサーバってどうやって立てれば良いのだろうか。時間があるときにでもトライしたいと思います。

*1:ただ、規制を全く受けないかというと、そうでも無さそう。