平凡マン@天津駐在

個人的な日記。2016/1〜中国天津市駐在。

天津で中国語検定(HSK)を受けた話

はじめに

 しばらく前、ふと思い立ってHSKを受けてみたので、その申込方法や受験会場までの行き方など紹介してみます。

全体の流れ

 僕の場合は、以下の流れで受験しました。

  1. WEBで申し込み
  2. 受験票を印刷
  3. 所定の場所/日時で受験
  4. 一ヶ月後、WEBで結果確認

 全体を通して必要なものは、以下の通り。

  • インターネットに繋がったパソコン
  • カラープリンター(受験票印刷のため)
  • 顔写真データ(申込みの際、サイトにアップロードする)
  • オンライン決済手段(支付宝、微信、银联卡など)
  • パスポート(当日持参)
  • 中国での住所・電話番号

申込み

 まずはHSKの公式WEBサイトにアクセスし、ユーザ登録(注册)をします。下記写真の「注册」と書かれた青いボタンをクリック。

首页--汉语考试服务网

f:id:m_ogawa:20180603221232j:plain

 すると、以下のようなページになって、必要事項を入力させられます。

f:id:m_ogawa:20180603221417j:plain

 入力項目の意味は、だいたい以下の通り。

  • Email地址 → メールアドレス
  • 密码 → パスワード
  • 密码确认 → パスワード再入力
  • 国籍、母语、出生日期 → 言葉通り。
  • 您是 → 職業
  • 你学习汉语多长时间了 → 中国語の学習期間
  • 你为什么要学习汉语 → 中国語の学習目的
  • 验证码 → 確認番号(いたずら防止?的な)

 全部入力したら「提交」を押せばユーザー登録できます。これでログイン(登录)ができるようになるので、次はログインして受験申込み(报名)をします。 ログイン直後の画面(下図)の「立即报名」をクリック。

f:id:m_ogawa:20180603221756j:plain

 すると、級を選ぶページ→級の説明ページ→申し込み(情報入力)ページへと進めます。

f:id:m_ogawa:20180603222044j:plain

f:id:m_ogawa:20180603222049j:plain

 申し込みの画面は、以下のステップで進みます。

  1. 受験場所の選択

    • f:id:m_ogawa:20180603222053j:plain

    • 洲 → 中国大陆

    • 国家/地区 → 中国

    • 省份 → 都市(天津・北京・上海・广东など)

    • 城市 → 市区(天津の場合、河西区など)

    • 考试形式 → 纸笔考(筆記)or机网考(パソコン入力)

    • 考点 → 希望受験会場(僕の場合「天津师范大学(网考)」にした)

    • 考试时间 → 希望受験日

  2. 個人情報入力

    • f:id:m_ogawa:20180603222156j:plain

    • 用户名、姓名、中文姓名、性别、生日、国籍、母语 → 言葉通り

    • 证件类型 → 身分証明書の種類(护照=パスポートを選ぶ)

    • 证件号码 → パスポート番号

    • 联系电话 → 中国で使っている電話番号(携帯OK)

    • 你学习汉语多长时间了 → 中国語の学習期間

    • 您是 → 職業

    • 推广码 → 推薦コード?(記入不要)

    • 通信地址 → 手紙を受け取れる住所

    • 备注 → 備考(記入不要)

  3. 顔写真のアップロード

    • f:id:m_ogawa:20180603222204j:plain

    • 选择照片 → 画像ファイルを選ぶ

    • 裁剪 → 写真の切り取り範囲を選ぶ

    • 完成 → 切り取り範囲の確定

    • 下一歩 → 次へ

  4. 情報確認

  5. 完成!

    f:id:m_ogawa:20180603222215j:plain

  6. 支払い

    • f:id:m_ogawa:20180603224530j:plain

    • 銀聯・クレジット(VISA/MASTER)・Wechat-Payなどが選べる

    • 銀聯の場合

      f:id:m_ogawa:20180603224531j:plain

    • wechatの場合(QRコードが出ます)

      f:id:m_ogawa:20180603224534j:plain

 ちなみに受験方式は筆記とパソコン入力の2種類があります。大差ない…と言いたいところですが、選択問題以外(つまり作文などの筆記問題)では大きな差があります。どちらも一長一短ですが違いは以下の通り。

  • 筆記 → 漢字を書ければ回答できる。ただし書き間違いは減点対象。

  • パソコン → 漢字を読めれば回答できる(変換ソフトが使える)。細かな書き間違いは起こりえない(漢字の選び間違いはありうる)。

受験票を印刷する

 申込みと支払いまで済めば、公式サイトで受験票が印刷できるようになります。今回は画面サンプルを用意できませんでしたが、操作方法は以下のとおりです。

  1. 公式サイトにログイン
  2. 「进入个人信息中心」をクリック
  3. 画面左のメニューの「打印准考证」から印刷

 「新汉语水平考试(HSK)准考证」と書かれたA4の紙の印刷用画面になったら、プリンターからカラー印刷します。ちなみに受験番号がマークシートみたいに黒塗りのマス目で表現されていますが会場で機械に通すようなことはないので、折りたたんで持参しても全く問題ないです。

続きはまた今度

 実際に受験した雰囲気や合格証の話なども書きたいのですが、長くなったのでまた今度。申し込みについては以上なので、HSKを受験したい(けど学校等に通っておらず方法を自力で調べたい)方の参考になれば幸いです。