平凡マン@天津駐在

個人的な日記。2016/1〜中国天津市駐在。

天津で部品を買い集めてパソコンを自作した話など

はじめに

 知人から「天津駐在でググったら上位に来るから、もうちょっと更新したら?」と言われたので、一年ぶりになにか書こうと思います。

 人様の役に立つかどうかはさておき、せっかくなら希少価値の高い(つまりマニアック・ニッチな)ことを書いたほうが面白いかなと思うので、今回は過去に淘宝で買った、あまり普通ではないものを紹介してみます。具体的には以下のものです。

では、いってみましょう!

自作PC

 日本から持ってきたノートPCの調子が悪くなってきたためPC買い替えを検討していたところ、「中国で自作PC組むのも面白いかな」と思い立ったので、買ってみました。構成は以下の通り。

  • CPU : Intel Core i3-8100(M/Bとセットで1,849RMB)
  • M/B : Gigabyte Z370N WIFI(同上)
  • RAM : Crucial DDR4 2400 8GB(2枚で978RMB)
  • POWER : 220Vで定格300WのATX電源(119RMB)
  • CASE : microATXのMBが入る小型のもの(99RMB)
  • LCD : HUYINIUDAとかいうロゴの19インチHDMI/VGA両対応の物(338RMB)
  • その他 : SATAケーブル、ネジセット、マウス、キーボード

 結果、全く問題なし。個人的に得られた知見は以下の通り。

  • CPU・M/B・RAMは、適正価格を払えばおそらく偽物は引かない。
  • GigabyteLogitechは"旗艦店"なる直営店があり、それを使うと安心。
  • 18年4月時点では日本と同じか若干高いくらい。
  • 中国の電源ユニットは100V非対応。(帰国後電源ユニットの新調が必要)
  • Hackintosh用パーツも充実。(黑苹果HeiPingGuoという言葉で検索すると…)
  • マウスやキーボードなど小物類は安かろう悪かろうを引く。
  • 安いケースは板金がペラッペラ。でも使える。

 スリムデザインで良さげな無線キーボードを50RMBで買ったところ、使い始めて数日でスペースキーやDELキーが効かなくなるという最悪の状況になった(結局Logitechのキーボードを買い増しした)。見た目がおしゃれで安い製品は、中身(機能や手触り等)の面でハズレを引きやすいと思う。見た目以外を求める場合は要注意。

 最後に、参考まで実際に購入した商品のURLを貼っておきます。

技嘉Z370N WIFI搭 英特尔I7 8700K I5 8600K 8500六核CPU主板套装

Crucial英睿达 镁光DDR4 2400 2666 8G台式机电脑 吃鸡游戏内存条

D4全铝电脑机箱 迷你itx matx小机箱 ATX大电源3.0侧透电脑小机箱-淘宝网

威迅高速SATA3.0数据线连接转换线串口硬盘弯头固态硬盘光驱6gb/s

维修台式电脑 主机 硬盘 机箱 显卡主板电源螺丝钉配件小螺丝套装-淘宝网

全新电脑显示器17寸19寸20寸22寸24寸曲面27寸hdmi监控液晶屏ps4-淘宝网

爱国者 黑暗骑士450DK 额定300W台式机电脑电源 三年质保 3C认证-淘宝网

无线USB充电键盘联想戴尔苹果MAC台式笔记本电脑办公商务家用键盘-淘宝网

罗技MK275 无线键鼠套装 笔记本台式电脑办公游戏键盘鼠标套件

オーディオIF

 1年位前になるけど、「Scarlett 2i4 USB」を購入。当時、淘宝と日本の通販サイト(サウンドハウスが最安だったと思う)を比較して、中国のほうが少し安かったので購入しました。結果、こちらも全く問題なし。バスパワーで192kHz録音など、スペック通りちゃんと使えてます。

 自作PCもオーディオIFもそうですが、電化製品・ガジェット類は、最近は物によっては日本より安いものもよくあるので、ほしいなと思ったら迷わず淘宝で見てみるのが良いです。個人的な予想ですが、この手の商品は製造国が中国やその他アジア圏なので、流通経路やメーカの販売戦略次第で、日本で買うより中国で買うほうが安くなる場合もあるのでは、と思います。

レザークラフトの工具と材料

 昔からレザークラフトには少し興味があって、「中国ってオーダーメイドの革細工店とか多いし、材料が安く手に入るのでは?」との思いつきから手を出してみたものです。

 結論としては、「きちんとやるなら日本でやったほうが良い」です。材料も工具も安かろう悪かろうが広く流通しており、ちょっと良いものを探すと「日本製」という紹介文とともにお高い金額が表示されている商品にたどり着きます。実際、河東区の爱琴海というデパートに入っている革細工屋の兄ちゃんに話を聞いたら「工具は全部日本製のを使っていて、革も日本から取り寄せることが多い」と言っていました。(この店、レザークラフト教室もやっているので、興味がある人はおすすめです。革漉きからやらされる、なかなか本格的な店です。)

 唯一の利点は、半切サイズのボロ革が安価に入手できること、くらいかな。半切からの切り出しの練習には良いと思いますが、タバコ臭いし表面の汚れがひどいしで、正直まともに使えたものではないです。半切で50RMB前後、のような激安革はやめましょう。

 あと革の呼び名がわかりにくいです。日本だと「ヌメ革」「オイルレザー」というのがあり、オイルレザーは初心者は手を出すな、みたいなことが言われますが、中国で厳密にこの2種を分けている呼称は無さそうです。個人的な感覚としては、ヌメ革は「植鞣革」、オイルレザーは「疯马皮」が、それぞれ近いと思います。(しかし、疯马皮も結構しっかりした質感で、着色済みのヌメ革のような感じもする。店や色によって質感の差がありそう。)

 結論としては、工具も材料も日本で買ったほうが良いですね。

カルビーフルグラ

 これは普通のものですが、個人的に大好きなので書きました。以前は日本から出張してくる会社の同僚に買ってきてもらっていたのですが、淘宝で800gが50RMB程度で売っていることを知り、それ以来、ヘビーユーズしています。他の食品の場合、日本と中国で価格差が2〜3倍くらいありますが、こちらはほぼトントンなので重宝しています。なお偽物だとか若干の混ぜものがあるとかは、正直わかりません(少なくとも食べていて違和感はありません)。

さいごに

 しかしまさか「天津駐在」でググって2番目に来るとは思わなかった。おそらく全く役に立たないブログだと思いますが、文句を言うならGoogleへ。今後も役に立たなかったり立たなかったりすることを、ボチボチ書きます。

 ちなみに去年書いたVPNの話は、結局IPVANISHというサービスを年間契約して使っています。今年の夏で契約が切れるから、また次のサービスを検討しないとなぁ。

 じゃ、そんな感じで。おやすみ!