平凡マン@天津駐在

個人的な日記。2016/1〜中国天津市駐在。

SHIROBAKOを見て前向きになった

来週から2週間、僕が海外出張する予定が入った。僕は普段、嫁子供と一緒に暮らしているのだけれど、僕も嫁も実家が遠いので、安全のため、僕が出張するときは、嫁子供を嫁実家に預けることにしている。今回も例外でなく、先週末預けてきた。今回は日曜(明後日)フライトの予定なので、今週末ではなく、先週末行ってきた。

なので、今週はずっと日本で、一人暮らし。寂しさを感じつつも、僕は以前から気になっていたアニメを見た。それが、SHIROBAKO。

24話あったけど、3日で見終わった。残業せず真っすぐ帰宅して、ぶっ続けで見た。

 

見終わった後、なんだか、じーんとした。

 

もちろん、見終えてからすぐに寝て、起きたら出社。いつも通りの日常。仕事。

いつも通りなんだけど、なんだか、不思議と前向きな気分。とにかく「自分も前向きに頑張ろう」と思えてしまう。

今日は、SHIROBAKOの感想も兼ねて、この感覚になった理由を整理したい。

 

 

たぶん、単純に「壁にぶち当たって、悩んで、周りの人を巻き込んで解決して、一皮むけてハッピー」という、おそらくベタなストーリーを浴びたから、だと思う。僕は、少なくともそういう成功体験をわずかながら期待して仕事をしていて、でも現実はそんなに甘くなくて、あんまり前向きな気持ちを持っていない。そんなところに、感情移入できる成功体験ストーリーを持ってこられて、まんまと物語に没入して、感極まったのだと思う。ちょっと冷めた表現な気もするけど、たぶん、そんな感じ。

 

もう少し、深く考えてみる。 

思うに、ちゃんと、感情移入できたのがよかった。共感ポイントは6つ。

 1.登場人物が、みんな真面目。

 2.最初は前向きに、一定の努力をして、そして壁にぶつかる。

 3.あきらめたり、多少ヤケになったりする。

 4.周りの人が、ほんの少し手を貸してくれる。

 5.けど最終的には自分が頑張らないとダメだと自覚し、怠らない。

 6.それが報われて、壁を超える(目標に一歩近づく)。

僕的には、1~3は、社会人あるある。4は、環境が悪くなければ、わりとある(まったく無いことも、あるある。つらい)。そして5が一番のキモで、現実的にはとっても難しいことだと思う。それが報われる6が来て、「よかったねー!!」と暖かい気持ちになり、「自分もがんばろ」と思えてしまう。 

 

僕は、社会人経験が5年程しかないけど、働いていると理不尽な壁にぶつかることが多いように思う。目的があいまい、ゴールが不明確、成否が他者依存、自分の声では他者が動かない、上司が何を以て満足するか不明、などなど。SHIROBAKOで言うと「どうすれば原作者が納得するかわからない」「質と納期のさじ加減がわからない」とか。あるあるー。僕が思うに、こういった壁は「結局のところ、自分の意志入れを要する」という共通点がある。

そんな壁が現れたとき、僕は、まず周りの人に相談する。もちろん丸投げはしないで「自分としてはこうしたいけど、どうすればいいんスかね?」とか、そんな感じ。でも、返ってくる返事で直接的に解決できることは、あんまりない。決め手にはならない。SHIROBAKOだと「とにかく描くしかない」「結局バランスだよね~」とか言われて、「自分で向き合うしかないんだよね」という流れになっている。

で、やっぱり僕も、こういうときは、自分が粘らないことにはどうしようもない、と思う。もちろん全部が全部それをやっていると死ぬので、たまには「あの人が言ったんで~」とかいって手を抜くことも自己防衛のためには大事だけど。とにかく、自分なりに苦悩して答えを出して、壁を乗り越えられたかどうかは分からんけど時間だけは過ぎてうやむやになって、気づけば「あの時は大変だったなぁ」。というような体験が僕は多い。僕の現実では、手ごたえを感じながら壁を乗り越えられることは非常に珍しいけど、でも結果はどうあれ、自分事として粘り強く頑張った体験は、良い思い出として残っている。

そんな自分だから、上記1~6のプロセスをきれいに見せられて、「わかるー!あるある!泣きたくなる!そんで頑張って報われてよかったねー!スッキリ!いい話だわ~自分もへこたれずにがんばろ~」となった。

  

あと、アニメ制作に励むアニメなので、SHIROBAKOの登場人物と、SHIROBAKO製作者達が重なって、SHIROBAKO製作者たちの頑張りを強く意識させられたのも、良かった。自分がSHIROBAKOに共感したという事実が、SHIROBAKO製作者達の成果であり、そして彼らの苦悩に対する報いそのものであると考えてしまうと、これまたじ~んと、きてしまう。それが、とても気持ちよかった。

っていうか、SHIROBAKO制作に関わった人たちに嫉妬すら覚える。どんな気持ちで作ったんだろうか。楽しそうだなぁ。うらやましいなぁ。良いなぁアニメ業界。転職する勇気は無いけど。

 

なにはともあれ、久しぶりにアニメを見て、楽しかったー。

ちなみに僕が一番共感したのは、平岡くん。ベタだけど、調整仕事あるあるにやられた。

褒められるのが目的

今朝ホッテントリ入りしていた、とある記事を読んで、思ったこと。

 

昔から今まで、僕は、褒められることを目的として行動する性格だと思う。褒められる喜びがモチベーション。でも、退屈で苦痛な努力を耐えられるほどのモチベーションには、ならない。

そんな僕は、SteveJobsや孫正義みたいな、己が道を突き進む!的な生き方にとても憧れるけど、到底無理だな、と思っている。しばらく前まで、「一体どうすれば・・」と悩んでいた時期もあったけど、いまや、ほぼあきらめがついた感じ。カッコ悪いのだけど。

 

それでも、未だ、なぜこうなったか?こうならないためにはどうすべきだったか?ということを、たまに考える。けどいまいちスッキリとした答えが出ない。

 

若いころに周りから「君はすごいね」と言われるキャラが立ってしまったのが、いけなかったのか。効率を重視するあまり、「一夜漬けで70点取れるなら、日々の努力は無駄」というなまけ癖が染みついたのが、いけなかったのか。変に斜に構えて、「あれは、つまりこういうことだろ」とよく知りもせずに評論家気取りになったのが、いけなかったのか。「本当に楽しいことは何だろう」と頭の中だけで考えて行動しなかったのが、いけなかったのか。

後悔は尽きない。

 

 

でもまぁ、いま割と楽しいから、いいんだけどね。

生活できるだけの給料は出るし、嫁子供と過ごして楽しいし、ヤフオク覗いて楽しいし。

 

ただ、そんな自分をカッコ悪いと思ってしまう、嫌な自分がたま~に、顔を出す。それだけ。

 

 

 

話全然変わるけど、物欲が止まらない

Nikon D80とNEX-3を持っていて、単焦点をチラホラ持っているけど、

 ・子供が小さいから、一眼レフよりミラーレスを充実すべき(D80<NEX)

 ・子供がちょこまか動くので、ファストハイブリッドAFを使いたい

    NEX-5RNEX-6を買おうかなぁ…

 ・けどボディよりレンズのほうが値下がりしないよな・・

 ・ファストハイブリッドAFを使うには要純正

 ・ズームよりは単焦点。ズームならF通し高級品じゃないと、確実に後悔する

 ・ AF Nikkor 50mmF1.8持ってるよ。。

よって選択肢は20mmF2.8。でもSigma 19mmF2.8のほうが安いし描写が良い。ただし像面位相差AFが現時点では使えない。でも今持ってんのはNEX-3だし。D80含め換算36mmは持ってないし。じゃあSigma19mmで決まりか!???!でもDP1 merrillの劣化レンズでしょ?ならDP1買ったほうがボディ付きで手軽でいいんじゃないか?うーん。。。。。

デジカメのヤフオク価格が安すぎる マイクロフォーサーズ編

物欲発情期のようで、最近、ヤフオクでカメラ関係のものをひたすら検索している。

ただ検索して一喜一憂するだけではもったいないので、相場を主観的に整理してみる。

 

今回は、マイクロフォーサーズ機。

PanasonicのG1が2008年に発売されたのを皮切りに、いまやボディ・レンズともに氾濫している、マイクロフォーサーズ。10年も経っていないのに、発売時定価(オープン価格)でレンズキット10万弱とかのものが、いまや1万円程度で手に入る時代になっている。

ざっくり、ボディの価格(底値)を調べたところ、以下のような感じ。

 

パナソニック

型番 発売 落札額
G1 08/10 6000
GH1 09/04 8000
GF1 09/09 4000
G2 10/04 7000
G10 10/06 12000?
GH2 10/10 20000
GF2 10/12 6000
GF3 11/07 5000
G3 11/07 8000
GX1 11/11 7000
GF5 12/04 10000
G5 12/09 12000
GH3 12/12 37000
GF6 13/04 14000
G6 13/06 22000
GX7 13/09 31000
GM1 13/11 16000
GH4 14/04 90000
GM1S 14/11 17000
GM5 14/11 37000

 

オリンパス

型番 発売 落札額
E-P1 09/07 4000
E-P2 09/12 7000
E-PL1 10/03 5000
E-PL2 11/01 8000
E-P3 11/07 10000
E-PL3 11/09 11000
E-PM1 11/10 10000
E-M5 12/03 30000
E-PL5 12/10 11000
E-PM2 12/10 11000
E-PL6 13/06 13000
E-P5 13/06 25000
E-M1 13/10 65000
E-M10 14/02 30000
E-M5mk2 15/02 80000

2社とも、モデルの開発サイクルが早すぎ・・。企画台数が気になる。

 

今の相場感だと、パナならGF5かGF6、オリならE-PL5がお買い得。ボディが1万ちょいで手に入る。SigmaのArt単焦点(19/30/60mm)がヤフオクで1万ちょいなので、2万円強でいわゆる「デジイチの写真」が簡単に撮れるようになる。

パナとオリの差としては、

 ・オリンパスなら、ボディ内に手ぶれ補正がある。

 ・オリンパスの方が、アートフィルター類が充実している。

 ・パナの方が、AFが速いらしい。(大差ないという意見もそこそこ見かける)

って感じ?m4/3使ってないから、よくわからん。

フラッシュの内外、ファインダー有無、画面サイズなどなど・・は、機種によりけり。

とりあえずGF6とE-PL5はどちらもセンサーが刷新されたタイミングのようなので、コスパよさげ。

 

僕がカメラを始めた2009年ごろの感覚からすると、この価格崩壊具合はうらやましい。2万円だとRICOHのCX2中古が買えるかどうか、って感じだった。ミラーレス一眼を買おうとすると、中古でも4万円前後からスタートだった気がする。

正直、カメラで撮れる写真の質と、カメラ本体の価格が、まったく相関が無くて笑える。少なくとも僕はいまNEX-3の写真に大満足している(写真の質は、ピント>手ぶれ>F値>ISOの順で寄与度が高いような気がする)し、義父のα99+高価レンズで撮られた写真と比べたらさすがに段違いだけど、少なくとも同僚が使っているコンデジの写真と比べたらはるかに良い写真が撮れる。

 

いい時代だなぁ。遅く生まれるって有利。

むしろ、今出る最新のものを敢えて買わず、晩年に安くなった中古品を買って楽しむ・・・みたいな余生もアリかも。

お酒の力

ビールを飲みさえすれば、何もかも、どうでもよくなる。

アルコールの力は偉大なり。うまく頼っていこう。

嫁さんと喧嘩しないため

僕は結婚して5年ほど経つのですが、いまだに1~2週間に1回くらい、喧嘩します。たいていの場合、原因は、家事の押し付け合い。

僕の視点でいえば、なんだか僕ばっかり家事をやっている気がする。昼食の準備をして、子供に食べさせて、子供の食い散らかした後始末をして、洗い物をして、おむつを替えて、歯磨きをして、昼寝させる。「全部俺」状態。そんな折、嫁がソファでぼけーっとiPhoneを触っているのを見ると、「いやいや、働けよ」的な感じになるわけです。でも嫁いわく「休日くらいゆっくりさせて。」とか「いや今日は料理したから、あとはアンタの仕事」とか。いや、僕だって平日フルタイムで働いてますけど・・・あなた専業主婦ですやん・・・専業主婦はフルタイムの仕事より負荷が必ずしも少ないとは言わないけど・・・もごもご・・・

 

あ、今日は別に嫁の悪口を書きたいわけじゃないです。

 

話が変わりますが、僕の職場に、うつ病で一時的に休職して、その後復帰した人が居ます。いま、その人には業務が与えられておらず、常時暇をしています。フレックス職場のため出社時間は好き勝手で、業務時間中はツイッターやニコ動ざんまい。昼休み中に昼寝をすれば大きないびきをかき、昼休みが終わっても構わず寝ていることもあります。なお、この状態とうつ病の因果関係は不明です。どうも、復職後に上司と業務内容についてトラブって会社側が上手に扱えない状態が今まで続いているようですが、当時僕はまだ入社していなかったため、これらの話は、職場の方から聞いて知ったにすぎません。

で、その人は、周りから「遊んで給料がもらえていいね」と、よく陰で言われています。まぁ、上の話だけを見れば、多くの人はそう思うでしょう。うつ病の辛さ、復職後の精神状態のコントロール、その後「業務を与えてもらえない」状況が続くストレスなど、おそらく一般的には経験し得ないために、全く想像できないんじゃないかな、と思います。(その人が恐縮するどころか開き直ってるのが、一番大きい気もするけど)

 

休日に家事の大部分を夫にやらせる(^^;)専業主婦と、業務中遊び倒す元うつ病の社員。たいていの人は「うらやましい」と思うのではないでしょうか。もし身近にこういう人がいたらば「自分はこんなにつらい思いをして生きているのに、なんでアイツは楽をしているんだ、卑怯だ」と、恨みさえ、するのでは。

 

少なくとも僕はそう思い至って、嫁と喧嘩するわけです。その後、頭を冷やしながら、次のように自戒します。本当に「アイツは楽をしている」のか?「楽をしたくて、している」のか?と。

 

もう一つ、別の話をします。

いつのことだか忘れましたが、大阪か東京の大きな駅で、足の悪そうなおばあさんに道を聞かれたことがあります。僕も大きな駅にはたまにしか行かないので、正直道がよく分かりません。なのでスマートに最短の道を提示することもできず、またおそらく今ほどに携帯も賢くなかったと思いますので、「僕も不慣れなので、一緒に行きますか?」と言って、10分ちょっと、歩き回りました。

僕は、電車で席を譲るとか、車いすの人が居たら目で追って必要に応じて助けを買って出るとか、目の前に落ちているごみをとりあえず拾うとか、そういうのが苦にならない性格なのですが、そうでなくても、この手の話で「いやアンタ損してるよ、おばあさんが自分ひとりで何とかするべきだ」なんて言う人は、居ないと思います。

要するに、目の見えない人が周囲に助けられながら生活しているのを見て「アイツは楽をしている」と思う人は、少ないんじゃないかな、と思います。

 

ここまで考えて、うちの嫁やうつ病の人に対する感想と、真逆だなぁと思いました。自分でも想像がつく弱点がある人には、無意識的に優しくなるのかな?と。

 

でも、これまた自分の経験ですが、子供の夜泣きに、マジ切れする瞬間があります。子供からすると、何か不都合があって泣いていて、たとえばのどが渇いたとか、布団がなくて寒いとか、周囲に親の気配が感じられず寂しいとか、だと思うのですが、それにしたって、気持ちよく寝ているところをいきなり起こされるのは、正直、イラっとします。

あと、これは僕の想像ですが、自分の子供が足が不自由で、車いすや周囲の人の助けなしでは生きていけないとしたときに、果たして自分はその「助け」を面倒がらずに100%提供できるか?というと、無理な気がしてなりません。どこかで「もう無理!自分で歩け!」と喧嘩になって、最悪の場合心中したりするのかなぁ…とか勝手に泣いたりするのですが、自分でも想像がつく弱点がある人に対して、常に優しさを提供できるかというと、これは聖人君子でもなければ無理なのかなぁ、と思うのです。

 

以上を整理すると、

 1.自分には想像もつかない弱点の持ち主に対しては、冷たい

 2.自分には想像がつく弱点の持ち主に対しては、優しい

 3.でも、優しさを常に提供し続ける羽目になると、どこかで破たんする

って感じですかね。

 

最近嫁と喧嘩して、どうやらこれは上記3番が原因だぞ、と思いました。

普段は「いいよ、やっとくよ」と、家事を割と引き受けます。ちょっとほこりが目立てば掃除機をかけるし、部屋がカビないようにとか、雨の日でも洗濯物がにおわないように計画的に洗濯しようとか、今は嫁さん料理中だから子供と遊ぼうとか、辛そうだから帰途でアレ買ってこようとか、無意識で考えています。それ自体は別に苦じゃないっていうか、そういう性格なんです。

でも、だんだん苦になってきて、どこかで破たんしています。それは、なぜか?

 

一つは、「いやもう物理的に疲れた」ってのが多い気はする。特に、子供が待ってくれない…というのは強く感じる。「待て!」と言いたくなる。てか割と言ってるし、子供も「すぐに!」って言い返してくる。うーん。。。

まずは、子供が大きくなるまでの辛抱かな。

 

あとは、やっぱりどこかで「専業主婦だろ家事全部やれよ」の精神が、心の奥底に眠っている。これは、なんとかしたい。「うちの嫁さんは、そういう嫁さん」ってのに、本能的に納得できればいいんだろうけど、納得したらそれはそれで、負けた気がする。社畜と同じにおいがする・・・!でもまぁ、納得じゃなくて、あきらめるべきなんだろうな。うん。

 

書いてる途中で気づいたけど、無意識に冒頭からデスマス調になってた。よっぽど他の人に聞いてほしかったんだろうな。ボクこんなにがんばってます!って。

 

自分よ、がんばってるよ。うん。やりがいの一つとして、報いも必要。自分で自分を褒めよう。

 

まとまりがないけど、自分の中ではかなり整理できたので、おしまい。

探求心。

最近、なんだか物欲がすごくて、無駄に、カメラのレンズをヤフオクで物色している。

どう考えても買う必要ないのに、なんか、ほしい。あんまりよい精神状態じゃないけど、今日の本題は別のところにある。

 

ヤフオクでレンズを物色していると、たまに、ほかと比べてとびぬけて安いって品物が見つかる。そして商品説明を読むと、たいてい「難あり」品が多い。カビが多いとか、ズームリングが回らないとか、プラスチック部分が割れてる、とか。

いまの世の中は、基本的にリスクとリターンが比例するようにできており、単純な情報格差はあんまりない。つまり「誰も知らないから安いだけ、知れ渡ったら値上がりする」なんてウマい話は、激減した。みんな、よく調べて買っている。全部価格comが悪い。それはさておき。

 

で、僕みたいな若い金欠マンは、ハイリスクハイリターンを狙うくらいがちょうどいいと、どの投資本に書いてあったかどうかは忘れたけど、個人的にはそう考えている。

 

単刀直入に言えば、「壊れてても、修理して8割がた使えれば、ハイリターンじゃん?」と思ってしまうわけである。もちろん、修理できない/失敗するリスクがあるので、普通の値段を出して買うよりも、リスクは高い。でもレンズの修理なんて普通に生活していてなかなか経験できることではないのだから、若いうちは経験を買うつもりでハイリスクを取りに行ってもいいんじゃないかな、というのが持論。もちろん、物によるし、お金で時間や安全性を買う方が大切なことも、よくある。

そういえば最近愛娘のためにヤフオクでレゴを大人買いしたんだけど、めちゃくちゃ汚れてて、半日かけて洗ってめっちゃ疲れた…。あれは時給換算したら、新品買ったほうが満足度高かった気がする。でもレゴは高い。ヤフオク万歳。リユース。エコ。エコだから!

 

話が逸れまくっているので戻す。

 

そういうわけでレンズの修理に興味を持ったはいいけど、「レンズってバラせるの?」って話ですよ。レンズをばらそうと思ったことなんかないし、そもそもキャップをつけずに時間経過すること自体イヤなので、マウント部をじっくり観察したこともない。少なくとも普段見る鏡筒部には、バラせそうなポイントは見当たらない。

そこでグーグル先生に聞いたら、下のサイトを見つけた。

 

http://kanaimaru.com/0904nikon_lens/nikon_lens_repair.htm

 

このサイトの前書きが、僕の中で、響いた。

実はネット上には、超音波モードラAFやプリンタなどの修理Q&Aに 「できっこない」 みたいな書き込み (Q&Aへの回答) が溢れています。修理を思い立った質問者を非常識呼ばわりするような書き込みが大変に多い。

なにしろかないまるはいろいろなものを分解して壊して成長しました。いまもキカイが故障すると大概中を開けます。そこでいじり壊してから修理に出すのは有償修理でも反則ですが、ダメモトで開けて、いじって壊れたら捨てるのは勉強になります。授業料ですよ。得るものは多い。

しかし今は 「そもそも素人が中をいじるのは無理」 という風潮がネットを支配しています。そこで今回のレンズの修理について、修理の様子を公開することにしました。

なんて、いい人なんだ。仰る通りでござんす。

こういう探求心を忘れないようにしたい。(これが言いたかった。)

 

ちなみにこのかないまるさん、ソニーのオーディオの巨匠だそうです。サイト内の他の記事も、なかなか面白いです。やはり技術者たるもの、こうでなければ。リスペクトリストにかないまるさんを追加!って感じ。

 

 

言語化する力

僕には、言語化する力が圧倒的に足りないな、と感じる瞬間が多々ある。

 

メールを書くにも時間が掛かるし、人と話しているときにも、「あ、こっちの言葉のほうがよかったな・・」と後悔することが、よくある。

 

これって、どう訓練すれば治るのだろうか。

 

最近は、「あんまりしゃべりすぎない」ことで対応することが増えた。上司がそういうタイプで、社内での立ち回りも上手いから、参考にしている。

でも、根本的な解決じゃないよな~、と思う。

 

たとえばこのブログ。なるべく時間を掛けずに書くよう心掛けているのだけど、いろいろと妥協しまくって、後悔もある。いや、内容が薄いので投稿して後悔することはないのだけど、言葉の選び方とか、話の構成とかの出来栄えについて、なんか納得いかないことが多い。

 

なんだろうな、話を始める前から、自分の中に確たるストーリーを構築するのが無理なんだと思う。こう書くと、大多数の人にとって不可能な気もする。でも一見してこれが上手な人ってのが居て、そういう人は、ストーリーのひな型のようなものを自身の引き出しにたくさん持っているのだろうか。これは一理ある気がする。でも、ストーリーとか話の流れとかそんな大それたことではなくて、語彙とか言い回しとか、そういうほんの些細な部分が自分には足りないように思う。

 

語彙ってどうすれば増えるんすかね。いや、言葉の辞書的な意味を知りたいわけではなくて、反射的にうまく使い分けられるようになりたいのだけど。

 

日々心がけて、慣れるしかない気がしてきた。